FC2ブログ
2015_01
05
(Mon)22:32

人間の目を超えるカメラはない?

年末年始の大食いが祟り、1月3日の晩には、体重が久々に大台を越え、60.5kgを記録してしまいました。
しかし、その3日の昼に食べた明太子のようなものが悪かったのか、翌日4日は一日中ピーピー(笑)。
トイレとお友達になった結果、その日の晩には58.4kg(゜o゜;
2kgくらい簡単に落ちちゃうんですね。と言っても、此処から先が落ちないんですが…。

さて、タイトルの言葉ですが、多少なりともカメラ好きの方は耳にしたことはあるでしょうし、そうでない方でも、撮ってみた写真が
「コレジャナイ」
になってることは多々あると思います。

最近撮った写真ですと…

例えばこんなシーン。
肉眼で見ているときは、屋台の中の様子も白飛びしませんし、まわりの闇の様子ももう少し見えているはずです。

こういった、明暗差の大きい被写体を表現するときに、
「ダイナミックレンジが広い」や
「ラティテュードが広い」みたいな言い方をします。
そして、カメラの撮像素子がカバーできるダイナミックレンジには限界があるために、
「空が真っ白」とか
「顔が真っ黒」という写真を量産することになるのです。

続きを読む »

スポンサーサイト