--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_11
28
(Thu)00:30

ペダル遍歴2~踏むな!(笑) 回せ~

今年の頭から注目されていたアイソン彗星、
「話題になった彗星は期待はずれ」というジンクスに従い、
どうやらたいして明るくならないまま、崩壊しそうな勢いです。
3等級までは増光したみたいなのですが、太陽の向こうから出てきた時には
消滅してそうですね。3回ほど早起きしましたが、いずれも雲に阻まれました。残念です。



さて、昨日の続きです。
友人meuからSPD-SLシューズを借りたワタクシ、
早速SUB40に装着して走ってみました。
不安だったのは、色んな人のブログで散々書かれている「立ちごけ」
でも全く恐れずにいきなり公道に走りに行きました。いや、行った…と思います。
なんか特に苦労も立ちごけもなく走れちゃったんで、あんま記憶が無いです。
ネタにならなくてスイマセンm(_ _)m

一回だけやばい時はありました。信号とかではなくて、本屋に寄ろうとして
駐輪場所で止まった時です。
信号待ちとかは「外さなきゃ」っていう意識が働くから、結構大丈夫なんですけど、
急な飛び出しにびっくりして止まるとか、
ふっと思いついて道端のたこ焼きの屋台で止まるとか、
そういう無意識の停止の時は、外すの忘れそうになりました。
止まりそうになって、足つこうとした瞬間、ペダルに
ガシッ
とくっついているのは、血の気が引きます。
幸いに必死で足捻ったら外れてくれましたけど。

1年も乗ると、フラペの時でも足捻ってペダルから離すようになるので(笑)
まず立ちごけの心配はないでしょう。
やばいのは、傾斜があるところで止まった時、右に傾いてしまった時です。
両足とも外しておくことを推奨します。

さて

ちょっと不安もあったり
「ビンディングペダルとかなんか一生懸命やってるみたいでプレッシャーかかる」
とか
いろいろ言い訳しては手を出していませんでしたが、
使ってみたら実に快適です。
何よりも足がペダルのうえで暴れないのがサイコーです。
借りてたSPD-SLペダルも、友人はもういらない雰囲気でしたが。
そんなことで私の購入の楽しみを減らされてはたまりません(笑)

では何を買いましょうか。
まず、最も利用者が多そうなSPD-SLは除外です←オイ
スピードプレイはこの頃の金銭感覚では高価だったので除外です。
あとはLOOKのKEOかTIMEのiclicです。
iclicはつけ外しが軽くて初心者向きだそうです。
可動範囲も広いので膝に優しいそうです。
見た目がかっこいいです(爆)
iclicに決定しました。
シューズとセットでういぐるさんに注文です。
iclicとシューズ

実際に走ってみましたが、ペダル自体が軽いのもいいですし、
着脱も楽でした。何度か立ちごけの危機もありましたが、
軽い力で外れてくれたので、ギリギリで踏みとどまることが出来ました。

と言っても、走行中に外れる心配は全然なかったです。
LOOKやshimanoは、標準で閉じている状態のものを、
クリートで開けて→また閉じるという仕組みになっていますが、
TIMEのは(後継のXpresso含む)、標準で開いている状態のものを
クリートでストッパーになってる板バネを踏む→ストッパーが外れて閉じる。
という仕組みになっているため、理屈上も着脱の負荷が軽いんです。
(うまく説明できなくてすみません、イラストや画像もうまく加工できないので…)
公式サイトにちょっとはわかりやすいムービーがあります。
気に入ったので、後継のXpressoも買っちゃいました。

ただし、いくつか欠点があります。
1.クリートの減りが速い
  もう半端無く減ります。クリートカバー必須です。(改良されてマシになったらしいけど)

2.ちょっと乗ってみていい? ができない(笑)
 これ、地味に痛いです。人のバイクの乗り心地って気になりますよね?
 以前、4人で走りに行ったら
 A.スピードプレイ
 B.TIME
 C.SPD-SL
 D.SPD
 という冗談みたいなことがありました。
 よく一緒に走りに行く、体型の似た友人とは同じペダルにしておくことをおすすめします。



あ、今はスピードプレイ使ってますwww
表裏気にしなくていいのは楽ですよ~www

次回はサイコンのお話の予定です。

ブログ村に参加しています、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。