--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_08
15
(Fri)17:29

レンズ買いました&vivofit、ちょっと嬉しい改良

ま~たレンズを買いました。

パナの電動ズーム、LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.です。

なぜ今更こんなキットレンズみたいなのを買ったのか?
それはこれを使いたかったから。


レンズ交換式ながら、自動開閉できるキャップなんです。
一眼レフやミラーレス一眼で、何が面倒くさいかって、キャップの付け外しです。
取り出してから、まずキャップを外して、キャップをポケットとかにしまって…とかやってられません。
これがあれば、片手でさっと取り出し、そのままパッと撮影が可能になります。

こんなことができるのも、沈胴式の電動レンズが出てきたからですね。
キャップ自体の仕組みは、呆れるほどに単純です。
OLYMPUSからも、純正で同じことができるセットが出てますが、
中古市場でのお値段が1万円ほど違うので、パナにしました。
付けるのもパナのGF5ですし。

装着してみました。

ちゃんとレンズバリアが閉まっています。

電源オン

シャキーン 自動で開きました。
当たり前ですが、広角端でもケラレはありません。

この組み合わせだと、トップチューブバッグにも入るので、
SIGMAのDPxでは厳しそうな時(晴れてない時)なんかは、GF5を持っていけそうです。

それから、いつのまにやら購入から4ヶ月が過ぎたガーミンの活動量計、vivofit


寝るときにスリープモードにすると、

こんな風に、睡眠中の動きの量を測定してくれるわけですが、
うっかりスリープモードにするのを忘れると、なんの記録も残りませんでした。

しかし、つい先日、またもモード切り替えを忘れて寝てしまい、そのまま同期させたところ、

いままで無かった「睡眠時間を確認して下さい」というメッセージが。

メッセージに従い、大体の就寝時刻と起床時刻を入力したところ

その時間帯のグラフが表示されましたΣ(゚Д゚)
どうやら、モードを切り替えなくとも、内部センサーの動きがログとして残っているようです。
時刻を入力することで、その時間帯のログを読みだして、グラフにしてくれるようですね。

これで、うっかりモード切り替えを忘れても、後から睡眠状態を確認できるようになりました。
本体というよりは、ガーミンコネクトの方のアップデートでしょうが、使い勝手が良くなりましたね。

ただし、そもそも身体に装着するのを忘れてしまうと、どうしようもないので(笑)。
必ず身につけておくようにしましょう。

更新の励みになります、よろしければ応援のクリックをおねがいします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。