--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_12
22
(Mon)20:40

パソコン修理のお話

前日には「明日はこのネタを書こう」とか思ってるのに、
何故か翌日パソコンの前に座ったら忘れてしまっているという…。
トシかしら(´・ω・`) ネタ帳がいりますね。

今日の一曲

モーツァルト ピアノ、クラリネットとヴィオラのための三重奏曲 変ホ長調  K.498
別名『ケーゲルシュタット・トリオ
モーツァルトは、自身が結構なヴィオラ弾きで、友人にクラリネットの名手がいたため、
同時代の他の作曲家に比べ、この2つの楽器をよく取り上げています。これもその一曲。
変わった編成ですが、いい曲ですよ。

それでは本題。
と言っても、自転車ネタがないので、先日実施した嫁のパソコン修理録でも。
わざわざ写真も撮ってたので、今後自作する方の参考になれば。

長くなるので、興味のない方はクリックだけしてそっとお帰りください(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


今回は、メモリとHDDはそのまま使用するつもりだったので、
新規にマザーボードとCPUだけを購入

6,000円のマザーに5,000円のCPUという、かなりお安い組み合わせ。
CPUはAMDのA4 7300 2コアのクロック周波数3.8GHz
ネット見て、写真の編集する程度なら十分なスペックでしょう。

マザーボードはこんな感じで、静電気防止の袋に入ってます。

あと、背後の各種端子の配置はマザーボード毎に異なるので、
専用のバックパネルと、HDDやDVDドライブを接続するSATAケーブルが入っています。

そしてこちらが、パソコンの心臓部になるCPUとCPUクーラーです。

CPUは動作するときに熱を持つので、常時風を当てて冷やしてやらんといかんわけです。

CPUクーラーとCPUの接触部分には、熱伝導を良くするためのグリスが塗られています。

グリス単体でも売られています。熱伝導のいい、ナントカ入りグリスとやらが、
やたら高い値段で売られてたりします。このへんも自転車に通じる部分がありますねw

そしてマザーボードを袋から出してみます。

あちこちに見えている端子に、色々なパーツを差し込めば出来上がりです。
ちなみにこれはMicroATXというサイズです。

まずは真ん中らへんに見える黒い四角部分、ここにCPUをつけます。

レバーを上げて、

三角マーク(左下)を合わせて、ピンを折らないように、CPUを装着

そしてレバーを戻して固定。

更にCPUクーラーを上に乗っけます。

AMDの場合は、フックを引っ掛けて、レバーで固定。

そして、CPUファンのコネクターを、「CPUFAN」と書いている所に差し込みます。


次は、右側のメモリスロットのレバーを広げ


メモリの切り欠きをソケットと合わせ


差し込みます


私はここまでやったら、ケースに組み込んじゃいます。

バックパネルを入れるのを忘れないように。

で、後は電源つないで、ディスクドライブとHDDつないで終わりのはずだったんです。
ところが、つないで電源入れてみても、やっぱりファンは回るのに起動しません。

ここで初めて、電源の12V系統だけが死んでるということが分かりました_| ̄|○
パソコンというものは、各パーツがそれぞれ別の電圧(直流)で動きます。
パソコンの電源装置というのは、交流100Vを、直流の12V、5V、3.3Vに分け、
それぞれ安定供給するという、大事な仕事を担っています。
ファンを回す系統と、CPUを動かす系統は別なんですよね…。そこまで考えが至りませんでした。

物置部屋を探すと、なぜか安そうな電源が見つかったので、
とりあえずでつないで起動させてみることにします。
…あっさり起動しました_| ̄|○
じゃあ、前のマザーもCPUも普通に使えたのでは…。
娘用にまた一台組むか…?

そして、更に問題発生。
最近のドライブ類は、電源のコネクタがこんな形をしてます。

SATAという規格なんですが、しまいこんでた電源には、この型の電源コネクタが1つしかついてません。

あとはすべて旧型のペリフェラル4ピンという形式のものばかり。
これでは、HDDとDVDドライブを同時に動かせないので、
慌てて変換ケーブルを買いに走ります(TдT)

慌てて買って、後でよく探したら家にストックがあったんですけどね'`,、('∀`) '`,、

ようやく電源もつないで、これで完了と思いきや、
今度はWindowsが起動しません(TдT)
どうやら、電源が起動中に壊れてくれたようで、起動の領域が破壊されてるようです。
スタートアップの修復も効きません。
システムの復元も失敗します。

…再インストールですか_| ̄|○

しかし、イチからインストールしてしまっては、HDD内のデータが飛んでしまいます。
幸い買い置きのHDDがあったのでw
そこにOSをインストールして、今までのHDDはデータドライブにしてしまいましょう。

そんなわけで
・Windows再インストール
・Windowsアップデート
・マザーボード用のドライバインストール
・前のHDDのデータ確認
・メールデータ、ブックマーク等の移動
・各種ソフト、ドライバの再インストール
な~んて作業をしてたら、一日がかりの仕事になってしまいました(;一_一)

故障さえしてなければ、外付けHDDを使って、環境から何から簡単に引越しできたんですが、
残念なことに、一番嫌な壊れ方をしてしまったので、えらく手間がかかりました。
やっぱり普段からバックアップはとっておくべきですね。

そして、電源が大事だというのも再認識したので、
仕舞いこんでいた電源がまた壊れてしまう前に、新しい電源を購入することにします。





何故か自分用のマザーボードとCPUと
電源とHDDも買ってましたwww
お約束ですね
最近、私のパソコンのUSBドライバの調子がおかしいので、この際変えちゃうことに。
もう4年半も使ってますからね。
年末年始にでもやりましょうか。

というわけで、今日はパソコンのお話でした。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

へ~,組み立てだけならけっこう簡単そう!
びっくり!
規格をしっかり勉強すれば何とかなりそうですね。
結局,インストールなど設定作業がいちばん面倒なのかな。

ケーゲルシュタット,モーツァルト好きには有名な曲ですね。
五重奏曲よりもこちらの方が好きという人もけっこういるみたいですが,ぼくはやっぱり五重奏の方かな。
それにしても,クラリネットの入る曲は名曲揃い。よほどモーツァルトはこの楽器が好きだったんでしょうね。

2014/12/22 (Mon) 23:22 | リキ #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

>リキさん

決まったところにパーツをはめ込んでいくだけですからね。
本当にドライバー一本で作れちゃいます。
透明なケースを使って、LEDをいっぱい仕込んで
ネオンサインのようなパソコンを作る人もいます(笑)

結局設定が面倒なんです。
ロードでも、ポジション出しとディレイラー調性が一番面倒なのと一緒です(笑)

モーツァルトのクラリネット曲は、全部シュタードラーのために書かれたんでしょうか?
それだけの演奏家だったんでしょうね。

2014/12/22 (Mon) 23:49 | きっち #wLpetrSQ | URL | 編集 | 返信

パソコン知らない人なら後半何言ってるかわからないでしょうね
私もお店に買いに行ったあとにストック見つけたことありますwww
コネクター関係は規格があわないとどうしようもないですから
焦って買いに行くことは多いです

2014/12/23 (Tue) 16:38 | キムチ #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

>キムチさん

後半はわかりやすく説明することを諦めました(笑)
焦ってて写真も撮ってないですし。

一時期はコネクタ類もたっぷり持ってたんですけど、
一回処分しちゃったんですよね。
いつ何が必要になるかわかりませんね…。

2014/12/23 (Tue) 19:02 | きっち #wLpetrSQ | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。