--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_11
25
(Wed)19:55

たまにはメンテもしてみるのです~BBとペダル~

今日はlifelogを起動したままちょっと自転車に乗ってみました。
すると…

しっかり自転車として認識されてます。
速度だけが基準なのか、心拍数や振動のファクターも加わっているのか…。
ただ自転車に乗っているだけでは一歩も歩いていないことになるvivosmartにも見習っていただきたいところです(笑)

さて、本日は私だってメンテらしきものはしているんですよというお話。
スズカでずぶ濡れになった後、ひっくり返されたままだったドマーネ。

幸い、今回はBBへの水の侵入はなかったようですが、シール回りのグリスに砂がいっぱいついていたので、きれいに拭きとってグリスを塗り塗りしてやることにします。

使うのはコーナンで買ったウレアグリス。

はっきり言って耐水性さえキープできればなんでもいいと思ってます。

ただ、貧弱なパワーの私なので、少しでも摩擦を軽減してみましょう

グリスに謎の白い粉(笑)を振りかけ、ヘラで混ぜ混ぜします。

この粉はなんぞや?

いわゆる「テフロン」の粉(笑)
結構前に買ってたのを思い出しました。
混ぜることでどんな影響が出るかは未知数ですwww
何ならチェーンに振りかけてみてもいいかもしれませんね。
なんちゃってUFOチェーンの出来上がりwww

あ、グリス塗布後の写真とってませんでした(^^ゞ
まあ、撮るほどの写真でもなかったので…。
要は、シール外してベアリングにグリス塗り塗り。
シール戻してシールにも塗り塗り。
クランク取り付けて、はみ出したグリスをフキフキ。
これだけです。

そして、ドマーネのペダルはスピードプレイなのですが、
あろうことか今まで一度もグリスアップしたことがありませんwww
ついでなのでペダルのグリスアップもしてしまいましょう。
必要なのはグリスと

100均で売ってるシリンジ(注射器)だけ。

ペダルの先っぽのネジを外してやり


ここにグリスを入れたシリンジを押し付け、注入するだけ


するとシャフト側から古い汚れたグリスがニュルニュルと…

って、あれ?そんな汚れてないような気も…

反対のペダルは

こっちはちょっと汚れてました。

なお、ペダルにはなにを思ったか

こちらのシリコングリス(テフロン入)を使いました。
シリコングリスはベアリングには不向きとか書いてたりしますけど、ま、ペダルに樹脂の部分もあるし、傷まなくていいかな~くらいの適当なチョイスです。
本来、ワイヤーに塗るのが正しい使い方と思われます。

こんな感じでプチメンテしたので、走りに行かないとですね。
ついでにジンバルを使った妙にスムーズな動画でも撮ってきましょうか…。

多分グリスアップの効果がわからない鈍感な私に応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。