--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_02
04
(Tue)19:26

禁断のチューブレス化~自己責任ですよ~

本日の記事内容については、全く他人に推奨するものではありませんし、
この内容によって、読んだ方に損害等が発生したとしても、当方は一切の責任を持てません。
自己責任で読み進めてください。

先日、最後に貼り付けていたこの写真


見ての通り、ついつい勢いで、手持ちのRED WINDもチューブレス化しちゃいました。
もちろんただのクリンチャーホイールなんですけどね。

ただ、試しでやってみたら、あっさりうまく行っちゃったため、写真を撮っておりません。
そこで、同じようなリム構造のZONDAを使い、再現映像をお送りしたいと思いますw
ZONDAに履かせてたGP4000Sもこんな状態だったので、

ついででタイヤとチューブの交換もしちゃいましょう。

さて、ボントレガーRACEをチューブレス化した時に思ったのですが、
カンパやフルクラムの中位以上のホイールのように

スポーク穴が無いタイプのホイールなら、チューブレス化が可能なんじゃないでしょうか?

あれこれ調べてみると、クリンチャーホイールをチューブレス化できたという話が結構出てきます。
中にはこんな話もあって、若干不安でしたが、まあそこは自己責任ということで突っ走ることにします。

用意するものは
IRC ROADLITE TUBELESS 700×23c 190014 ホワイトIRC ROADLITE TUBELESS 700×23c 190014 ホワイト
()
iRC-TIRE

商品詳細を見る

当然チューブレス用タイヤ。IRCの一番お安いタイプをチョイス。

専用レバーも買っておきましょう
IRC チューブレス専用 タイヤレバー(2本) レッドIRC チューブレス専用 タイヤレバー(2本) レッド
()
iRC

商品詳細を見る


専用バルブと


ディープリムにつけるので、ネジが切られたエクステンダーが必要です。

バルブナットで締めないと、バルブの根本から空気が漏れますからね。

そして一応シーラント。
NoTubes ST05 Tire Sealant(タイヤシーラント) /2 fl ozNoTubes ST05 Tire Sealant(タイヤシーラント) /2 fl oz
()
NoTubes

商品詳細を見る

これら3点はNOTUBESのもの。実績があるようなので。

まずはバルブをセット

ちなみにこのバルブは、再現映像用にクズチューブから切り出したものです(笑)
なんか専用バルブじゃなくても、バルブの付け根が分厚いチューブなら使えそう(笑)

この時は、バルブナットは軽く締めておく程度にします。
ここでガチガチに締めてしまうと、空気を入れるときに苦労します。

そしてタイヤを入れていきます。
LOADLITE TUBELESSは、とりあえず片側のビードは簡単にはまりました。
続いて反対側のビードをはめ込んでいきます。

バルブと反対側からはめ込んでいきます。

その際、きっちりビードをリム中央の溝に落としこんでいきます。

先にはめた方のビードを持ち上げて、少しでも円周をかせぎます。

そして最後の15~20cmくらい。前は親指でぐいぐい押してましたが、それではいくらやってもダメです。

このように、親指の付け根を押し当てます。(写真を撮ってるので片手ですが、もちろん両手でやるんですよ)
残りの指でタイヤ全体を握りこむようにし、
手首を返しつつ、腕全体をリムの向こう側に押し込んでいくようにすると、
あら不思議、レバーも使わずにあっさりはまっちゃいました。
これくらいなら、道端で修理しろと言われてもできそうです。

そして、ここから空気を入れていきますが、
最初は全く入って行きませんでした。
石鹸水を塗ろうが、シーラントを入れようが、
なんの抵抗もなく空気が抜けていくのです。

原因はここでした。

ビードがバルブのゴムパッキン部に乗り上げてしまい、
リムに接触していなかったのです。
これでは空気が入るわけがありません。

一旦バルブナットを外し、グッとバルブを押し込んでやります。


その上で、バルブナットを締めていけば、バルブ付け根の隙間が埋まり、
ビードがリムに密着した時点で、いきなりポンプを押す手に手応えが出てきます。

あんまり締めすぎると、今度はパッキン部が変形してしまい、
やっぱり空気漏れの原因になるので、締めつつ空気を入れるのがいいかと。

あとは一気にポンピング!
パン!パン!とビードの上がる音がして、チューブレス化完成です。
一旦ビードが上がってしまえば、空気を抜いてもそうそう外れません。
本来なら、ここでシーラント注入でしょう。
私は先に入れちゃって、ずいぶん床を汚しちゃいましたが(〃∇〃)

バルブコアを外し、


注入

まる2日経ちましたが、空気圧は全く下がっていません。
むしろボントレガーの方が早く抜けてるんですけど…w

てなわけで、チューブレス化したREDWINDで、次の休みに走ってきます。
走り慣れたホイールだけに、違いはよりはっきりと分かるはずです。

では再現映像はここまで(笑)
残りは実際のチューブとタイヤの交換をしましょう。

私は咬み込み防止に、チューブにはちょっと空気を入れてから作業します。

まあ大体これくらい。
チューブレスに比べたら、クリンチャーを嵌めこむのなぞ楽勝でした。
チューブの咬み込みチェックして、空気入れるだけ。

交換終わり

タイヤとフレームのカラーを合わせてみました。
後輪は疲れたのでまた後日www

最後に、VELOCEのブレーキには、クイックがついていません。
ではどうやってブレーキを開放状態にするのかというと、

エルゴレバーのこの突起を押し込んでやります。

外側に。

するとこうなる

レバーが開いた分、ブレーキも開くという寸法です。

反対はこんな感じ

開き過ぎないようになってます。

最近いじってばかりで走ってません。だって寒いんですもの…(笑)
不定休の仕事だと、いつでも走れるわと思ってしまい、かえって走らなくなってるかも。
「この休みを逃したら、一週間走れない!」っていう切迫感がないので←言い訳(笑)
でもこういったパーツ記事のほうがアクセス数は多いというジレンマ(笑)

更新の励みになります、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。